ウェーブ型押し,ヘビ革,P-WV1132-OR,文房具・オフィス用品 , 事務用品 , 机上用品・文具収納,14927円,蛇革,通しマチ型,名刺入れ,yamani.co.jp,名刺ケース,/canada1398314.html,パイソン革,オレンジ,ダイヤモンドパイソン P-WV1132-OR 名刺入れ 名刺ケース 通しマチ型 パイソン革 ヘビ革 ウェーブ型押し 蛇革 ダイヤモンドパイソン 定価 オレンジ P-WV1132-OR 名刺入れ 名刺ケース 通しマチ型 パイソン革 ヘビ革 ウェーブ型押し 蛇革 ダイヤモンドパイソン 定価 オレンジ 14927円 P-WV1132-OR 名刺入れ 名刺ケース 通しマチ型 パイソン革 ヘビ革 蛇革 ダイヤモンドパイソン ウェーブ型押し オレンジ 文房具・オフィス用品 事務用品 机上用品・文具収納 14927円 P-WV1132-OR 名刺入れ 名刺ケース 通しマチ型 パイソン革 ヘビ革 蛇革 ダイヤモンドパイソン ウェーブ型押し オレンジ 文房具・オフィス用品 事務用品 机上用品・文具収納 ウェーブ型押し,ヘビ革,P-WV1132-OR,文房具・オフィス用品 , 事務用品 , 机上用品・文具収納,14927円,蛇革,通しマチ型,名刺入れ,yamani.co.jp,名刺ケース,/canada1398314.html,パイソン革,オレンジ,ダイヤモンドパイソン

P-WV1132-OR 名刺入れ 送料無料でお届けします 名刺ケース 通しマチ型 パイソン革 ヘビ革 ウェーブ型押し 蛇革 ダイヤモンドパイソン 定価 オレンジ

P-WV1132-OR 名刺入れ 名刺ケース 通しマチ型 パイソン革 ヘビ革 蛇革 ダイヤモンドパイソン ウェーブ型押し オレンジ

14927円

P-WV1132-OR 名刺入れ 名刺ケース 通しマチ型 パイソン革 ヘビ革 蛇革 ダイヤモンドパイソン ウェーブ型押し オレンジ

商品の説明

全面を天然レザー ダイヤモンドパイソン(ヘビ革)で仕上げた オリジナル名刺入れ。
本体表のパイソン革は美しいウロコ模様を活かした"継ぎ接ぎなしの一枚仕上げ"
名刺入れはシンプルかつコンパクトではありますが、内装やマチにもパイソン革を使用している為、当店のパイソン革財布と同等の革分量を使用した工房直売ならではの贅沢な逸品です。

通しマチタイプは、名刺入れスペース部分のマチが左右・底部に付いている為、名刺が折れにくく最も収納力があります。
収納は名刺入れスペースに加え、フリーポケットが2つあり 交換した名刺を一時的に収納したり、駐車券やICカード類も収納でき機能性も備えています。

○革について
天然素材であるダイヤモンドパイソン(ヘビ革)を使用しています。その為、新品時にはカーブの部位等、革が逆立つ場合がありますが剥がれとは異なり、使用に伴い馴染んでねてきます。
革の特徴的な形状、質感を活かした素材の為、個体・部位によって違いが有り 写真とは柄の大小・形状は多少異りますが、天然素材の特徴・特性である事をご理解の上ご検討下さい。

○機能
名刺入れスペース×1
ポケット×2
○素材
本体:パイソン(ヘビ革)
中革:パイソン(ヘビ革)
生地:シャンタン
○サイズ
縦75mm 横110mm 厚み20mm〜
※厚みは収納量に依存します

P-WV1132-OR 名刺入れ 名刺ケース 通しマチ型 パイソン革 ヘビ革 蛇革 ダイヤモンドパイソン ウェーブ型押し オレンジ

新しい技術

  • Diane 35すぐに市場に戻って

    2013年3月から市場から削除された薬Diane 35は、薬局の棚で再び利用可能になります。 欧州委員会は、その使用の利点がリスクを上回り、販売を認可したと考えています。 しかし、Diane 35の処方は非常に額縁になり、座瘡に対する治療の一部としてのみ許可されます。 Diane 35は、販売承認を受けていないが、避妊薬として女性に処方されていることが多い。 ©Ceridwen、Wikipedia、cc by sa 2.0 欧州委員会は、アクネDiane 35との戦いが欧州のマーケティング承認(AMM)を維持すると決定しました。 その結果、すぐにフランスで再び利用できるようになります。 2013年3月末以降中断されたこの薬は、避妊薬としてAMMから広く処方されました。 この文脈で、彼は強く批判され、第3世代および第4世代の丸薬も強く批判されました。 実際、彼は静脈血栓症や動脈血栓症の原因とされていました。 1987年以来フランスで起こった4人の死亡は、Diane 35の企業に起因しており、国立医薬品食品衛生局(ANSM)はその使用を中止するよう促した。 避妊薬として非常に広く処方されていますが、この薬は実際に

    続きを読みます »
  • Diane 35すぐに市場に戻って

    2013年3月から市場から削除された薬Diane 35は、薬局の棚で再び利用可能になります。 欧州委員会は、その使用の利点がリスクを上回り、販売を認可したと考えています。 しかし、Diane 35の処方は非常に額縁になり、座瘡に対する治療の一部としてのみ許可されます。 Diane 35は、販売承認を受けていないが、避妊薬として女性に処方されていることが多い。 ©Ceridwen、Wikipedia、cc by sa 2.0 欧州委員会は、アクネDiane 35との戦いが欧州のマーケティング承認(AMM)を維持すると決定しました。 その結果、すぐにフランスで再び利用できるようになります。 2013年3月末以降中断されたこの薬は、避妊薬としてAMMから広く処方されました。 この文脈で、彼は強く批判され、第3世代および第4世代の丸薬も強く批判されました。 実際、彼は静脈血栓症や動脈血栓症の原因とされていました。 1987年以来フランスで起こった4人の死亡は、Diane 35の企業に起因しており、国立医薬品食品衛生局(ANSM)はその使用を中止するよう促した。 避妊薬として非常に広く処方されていますが、この薬は実際に

    続きを読みます »